個別指導について

高校生の部:授業風景

高校生は 少人数グループでの個別指導。必ず同学年・同程度の学力の生徒で授業を進めていきます。他学年の生徒が同じグループになり授業が進められることは決してありません。週1回~、1教科~、好きな回数、教科数を選べ、映像授業ではなく、講師が直接指導を行います。

いつでも自習室が利用でき、質問したい時にすぐに聞ける体制を整えています。質問対応だけではなく試験対策の補習、親身な学習相談・進路相談など様々に生徒をバックアップしていきます。

「一斉指導クラス」と同様に「グループ個別」においても講師のほとんどは現役の中学・高校・大学の講師や、教育現場で長年の指導実績をもつ者ばかりです。

指導方針

高校の学習の基本は、学校の授業にきちんとついて行くことです。しかし、やみくもに勉強すればいいわけではありません。それぞれの生徒がどんな夢を持っていて 将来どうなりたいのかによって、今 本当にするべきことは違ってきます。

難関大を目指すには、高校1年生から大学入試を視野に入れ、個々の生徒に合った目標を設定し、計画的に勉強を進めなければいけません。

また、生徒が今どのような状態で、何をしなければならないのか、講師がきちんと認識しておくことも必要です。

そのために 今村塾では、模試の結果が返ってくるなどの機会に、生徒ひとりひとりと、今どういう状況でこれからどうすればいいのか、きちんと話し合うようにしています。また、各教科の担当講師の間で連絡を密にとり、さまざまな角度から生徒を理解するよう努めています。